美容ケアの基本は保湿

美白への近道はこちら
↑誰もが注目する話題の美白方法!

美容に気を使う多くの人は肌が乾燥するのを防ぐため、スキンケアなど様々な手段を使って保湿をしようとしますが、どうして肌が水分を必要としているのかは分からなかったりします。手で肌を触ってかさかさしていると思った時は、皮膚の表面の角質層から水分が少なくなった時で、いわゆる乾燥肌の状態です。健康な角質層は10~20%の水分を保持しているとされていて、0.02mm程度のラップ1枚分の厚さの角質層の中で、脂質と水分が層を成してラメラ構造と呼ばれる状態で存在しています。ラメラ構造の脂質はセラミド、遊離のコレステロール、遊離脂肪酸などの油分から構成された接着物質で、本来は水と合わさることのない油でも馴染みやすくなっています。この脂質が水分を挟み込むようにしてラメラ構造となることで、水分の蒸発を防ぎ、体内への異物の侵入を防ぐなど優れたバリア機能となります。水分が足りなくなるとラメラ構造が乱れ、肌が乾燥するだけでなく、ちょっとした刺激でヒリヒリするような敏感肌となります。この状態では乾燥以外にも、摩擦や紫外線にも弱くなってしまい、肌の老化やシワなどの肌トラブルの原因となってしまいます。そのため角質層のラメラ構造は大切で、水分補給とともに水分を逃さないためにも、肌の保湿は美容において重要となります。しかし正常な皮膚であれば保湿は必要ないとも言われていて、過度の保湿は角質の剥がれ落ちる作用を抑制してしまい、肌のターンオーバーを送らせる原因にもなると言われています。特にアトピー肌の人は、皮膚の正常な働きであるターンオーバーが大切となるので、保湿以外のサポートが必要となります。肌がしっとりと潤っているだけで若く美しく見えるだけでなく、バリア機能のためにも保湿は美容面で基本となりますが、程度を踏まえて保湿をするようにしましょう。
◎美容は肌だけじゃない、自まつ毛を変えたいならこの育毛剤!
ルミガン
◎男女共に悩みの種であるニキビの治療に効果的な医薬品!
アダパレン